本文へスキップ

【平成30年度スローガン】 つながる情熱 つなぐ未来
〜YEGのつながりが 東北の未来を照らす“光”となる〜

活動報告

東北ブロック商工会議所青年部連合会活動

平成30年4月14日(土)宮古市市民体育館

テーマ「東北郷創塾〜政策提言と は?〜」  

東北ブロック4月事業報告
4月14日宮古市民総合体育館にて、東北活性委員会4月事業「東北郷創塾〜政策提言と は?〜」と題しまして、日本 YEG 政策提言委員会から久臣平委員長はじめ、岩本富貴運 営幹事、鈴木優介副委員長補佐、貴田麻記子委員をお迎えして3部制のセミナーを開催しま した。 まず1部では久委員長より、商工会議所の歴史と役割、概要、組織図などを解かりやすく 解説していただき、その中において、政策提言の意義と必要性については、
『商工会議所として意見を公表し、これを具申、建議すること。日本 YEG は提言団体であ る。』と、まとめました。
第2部では岩本運営幹事より、全国の YEG の政策提言の事例から学ぶ実情と、その意識、 動向についてお話をいただきました。
実際に岡山 YEG の自転車(モモチャリ)を活用した街づくりの提言。 富山 YEG の学校機能を中心市街地に移転する提言。
日光 YEG のコミュニティサイクル活用の提言。などをスライドで解かりやすく紹介していただきました。 第3部では鈴木福委員長補佐より今後の政策提言委員会の活動や、風会議、郷創塾の目的な どのお話をいただきとても勉強になったセミナーでした。
全国の YEG でも政策提言の認知度はあるものの、実際に行っているのは約20%(29 年度)で、東北では8単会です。毎年行っているのは4単会とまだ少なく、YEG 全体として
もまだまだ政策 提言については課題があると実感しました。


















東北ブロック商工会議所青年部連合会事務局

事務局
〒037-0052
青森県五所川原市字東町17-5 商工会館5F

TEL 0173-35-2121